mineo格安スマホのチェックすべき項目

mineoは格安スマホサービスを展開する会社のひとつで、docomoとauのキャリア回線が利用できます。現在のキャリアからmineoに乗り換えることで、月々の料金を大幅に安くすることができます。。mineoは、月に1,310円という安い価格設定で注目を集めています。国内で初めてのマルチキャリアMVNOであるmineoは、ドコモ回線プランとau回線プランとを選べるMVNOです。品質やエリアももちろんdocomo・AUと一緒なのがいいですね。それでは、mineoの魅力をぐっと凝縮しました。格安スマホで節約したお金で何買いますか?

docomoとAU回線網のお得なスマホ

mineoはマルチキャリアMVNOとしてサービスを提供しており、docomoとAUの2系統の回線を用意しています。格安スマホとはいえ通話品質はドコモやauと同様の音質ですし、電波の届く広さも完全に同じです。docomoまたはauのスマホ本体をそのまま使うことができて、べつに新たなスマホを購入する必要がありません。機種代がかからないというのは大きいですね!もちろんmineoで販売されている格安スマホを支払い分割で購入して利用する事も出来ます。格安で全国の信頼できるキャリア回線を利用できますし、docomo回線かAU回線のうちどちらか好きな方を選ぶことができます。キャリアをお選びいただく中で、少し料金が異なるのでその点も比較しながから検討してしてはいかがですか。

VoLTE専用プランあり

VoLTEに対応するプランをかなり早い段階で用意したのが、mineoです。VoLTEは、今までの音声通話に比べて音質がかなりよくなっており、 たくさんある通話方式のなかでも最先端の技術です。以前は300Hz〜3.4kHzまでの周波数の音しか拾う事ができませんでした。VoLTEは50Hz〜7kHzレベルの音声も拾うことが可能となりました。つまり、この広帯域のカバーにより「聞き取りやすい」高品質な通話環境を実現しているのです。VoLTEは、mineoの素晴らしい魅力の一つです。

データ量くりこしOK

さらにmineoは、高速データ通信の容量が余った場合に次の月へ繰り越せることで、月によってデータ通信量に差がある方にも、無駄なく安心して使用することができるのはとても嬉しいことです。

mineoアプリで通信量を節約!

mineoスイッチという切り替え機能があるので、通信速度が高速と低速のどちらでも切り替え可能です。データ容量を節約できるので便利な機能ですね。ケースバイケースでmineoとWi-Fiのスイッチを切り替える事により、データ通信料を最小限に抑えることができるでしょう。スマホ代を節約するのには大いに役立ちますね!

mineoのインターネット速度に関して

mineoの通信速度について見ていきたいと思います。docomoの回線を利用したプランは、225Mbpsの高速回線で、AU回線プランでも、225MbpsのLTE回線を使えるのです。昼間や夜間などのピーク時間帯の通信状態については、多くの通信関係の媒体でいわれている通り、キャリア契約の回線が圧倒的な速度を誇ります。一日のどんな時間帯にも高速で安定した通信速度を求める方には、大手キャリアの契約のほうがよろしいかと思います。しかし、プランの料金が抑えられていることから、全体通して見ても、mineoも含めた格安スマホは魅力的なサービスだと思います。

mineo Aプランでの帯域制限

どのMVNOでも変わりませんが、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられています。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、規定された容量をオーバーした利用者に対して、通信速度が規制されます。もし、直近の利用日の3日間で規定量を超えなければ、自動的に対象外となるのです。特別な使い方をしない限り、超過することは、なかなかないはずです。mineoでは、各契約プランごとの規定値は規定されていないようで、Aプランは、すべてのプランで、直近72時間で3GBが規定値となっています。

mineo docomo回線プランでの帯域制御について

docomoの回線を利用した、mineoの回線プランでは、3日間で使用したデータ量に応じて、通信速度の制限がされることはありません。その日によってデータを使用する量が大きく異なる方は、AU回線プランを選ぶよりdocomo回線プランの方が、使用には3日制限への心配がないでしょう。このような違いも考慮した上で、どのプランにするのか決めるのがいいと思います。

mineo月額プラン

mineoの料金体系や通信速度について説明します。月々の携帯代と見比べながら、通信料金のコストカットがどれだけ可能か、目安にしてみると検討しやすいでしょう。どれだけ節約できるか、料金プランを見ていきましょう。

mineoの月額プラン・初期費用

mineoの料金プランに関しては、SIMは大きく2つに分類する事ができ、データ通信だけのものと、データ通信と音声通話のものに分かれています。音声通話も出来るSIMは、090/080/070の電話番号が使え、今まで通りに携帯電話としても利用したい時は、このまま音声通話SIMを選択してご利用ください。音声SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データSIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円です。

mineoの解約制限

mineoの解約制限と解約違約金に関して、解説していきます。MVNOには珍しく、mineoは、使用期間に縛りがないため、解約違約金が発生する心配がいらないMVNOです。契約期間や違約金のことを考えずに格安スマホを試すことができるので、格安スマホは気になっているけど、と利用をためらう人にとっては魅力的ではないでしょうか。ただ、1年以内にMNPで転出した場合は、12420円のMNP転出手数料がかかります。これは、見落としがちなので忘れないようにしましよう。

終了間近のキャンペーン情報