楽天モバイルの速度に関して

楽天モバイルの場合、0通信スピードに関しては、何不自由ない速度ですね。ドコモの回線を使っているのに料金が安くてすむことは、楽天モバイル最大のメリットですね。利用者はスマホ代が高いことを不満に思っていることもあり、今後もMVNOや格安スマホの発展から目が離せませんね。

楽天モバイルの通信制御について

楽天モバイルの場合、すべての利用者が平等に通信できる環境を提供するために、データ通信を利用しすぎたユーザーは通信速度がおそくなりました。速度を制限する基準には直近3日間のデータ通信量が用いられ、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、通信速度が規制されていましたが、この忌まわしき直近3日間での通信制限が廃止となりました。ということで、楽天の格安SIMにおいては、どれぐらいデータを使ったか、日々気にする必要はないので、使いやすさは格段に向上しました。

楽天モバイルの気になるポイント

格安スマホや格安SIMを取り扱っている会社の中で楽天モバイルがあります。大手3キャリアからの乗り換えなら、スマートフォンにかかる月々の金額をかなり抑えることができます。月々1,250円という低価格で利用出来る格安スマホサービスとして人気となっています。楽天モバイルは、docomoの回線網を利用しているので、そのおかげで、通話エリアの範囲にしても音声の品質にしてもNTTドコモのスマホに全く引けをとらないというのも利点になっています。さらに、楽天モバイルを使用している間は、楽天市場で買い物をするとポイントが2倍になるキャンペーンも行なっているのでとてもお得です。ということで、楽天モバイルの速度や評判・口コミをまとめてみました。楽天モバイルの良い所、悪い所を分析してみました。

docomoの基地局を使った格安SIM

格安スマートフォンの楽天モバイルは、通話の際にdocomoの回線を使用しています。楽天モバイルと契約してもNTT docomoの回線を使用するため同じ通話品質を確保することができますし、サービスが使える範囲もdocomoと同じく広範囲で、圏外で使えなくなることも少なく信頼度は高いです。docomoのスマートフォンのほとんどが、楽天モバイルで使用できる機種に該当します。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。docomoのスマホをご利用中であれば、SIMカードだけで契約が出来ますので、カンタン便利なだけでなく、新たに購入する必要もなくとてもお得です。あまり知られていないながらもドコモとの提携により格安でありながらも信頼できる安定した環境を誇る楽天モバイル回線はお得です。

格安スマホの機種が豊富すぎる

ご利用になっているスマートフォンが、楽天モバイルに対応していない本体の場合は、楽天モバイルに対応したスマートフォン本体を購入していただく必要があります。楽天モバイルでは端末とSIMのセットを格安で購入することができ、他のMVNOに比べて非常に豊富な機種を取り揃えているのが特長です。タブレットも種類豊富に扱っているため、大きな画面で使用したいと言う人でも選択肢が多くあります。ただ唯一の欠点として、購入代金の分割払いは、楽天カードでのみ可能な点です。もし、楽天カードを持っていない時は、スマートフォン本体代金の支払い方法は一括払いしかありません。ただ、機種の多さはMVNOの中でもNo.1です。

あまったデータ容量の翌月繰越し

通信データの容量はプランごとに異なりますが、実際にはあまり利用せず、データ使用量が残ってしまうという時もあると思います。この点、楽天モバイルなら、余ったデータ容量を、翌月に持ち越すことができるのです。他の会社によっては繰り越しを行えないところもありますが、そういった点においても、楽天モバイルの大きな魅力の一つです。データ容量を持ち越せることが可能なため、無駄なくお得なサービスとなっております。

通話料金が半額で済む、楽天でんわ

楽天でんわは、通常の通話料が半額になるため、電話代がお安くできるサービスです。IP電話と違い相手の番号の前にプレフィックスとよばれる番号(0037-68-)をつけて発信するもので、発信者番号が相手にきちんと通知されます。常に使用する電話番号は当然、相手側に通知されるのです。つまり、電話の相手側からすると、いつもどおりの電話と変わりはないのです。IP電話だと、電話をかけたときにこちらの番号が非通知になったり、050で始まる番号として相手先に表示されたりすることがほとんどのため、使い勝手の面では「プレフィックス型」に劣るのは否めません。この点、楽天でんわの先進性がご理解いただけると思います。更に「楽天でんわ」はただ通話するだけで、通話料の金額に対応した楽天ポイントがもらえるので、非常にお得に利用できます。

5分かけ放題オプション

大手携帯電話会社のdocomo・au・SoftBankは、以前にはなかったどれだけ通話しても一定額の通話し放題プランを提供していますが、MVNO(いわゆる格安スマホや、格安SIMを提供している通信会社)では、かけ放題プランはまだほとんどありません。MVNOのスマートフォンは月々の金額は安くて助かるのですが、通話の度に料金がかかってしまうのは心配だ、という方のためのサービスが始まりました。楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」という新サービスが始まりました。月々850円で、国内通話の最初の5分間は、何度でも無料になるのです。電話回線を利用している楽天モバイルの5分間かけ放題のオプションは、楽天でんわと同じように、相手方に発信番号が通知されていますので、5分かけ放題オプションを利用しているからといって特別な変更をする必要が無いのが嬉しいところです。似たようなものにNifMoの通話し放題サービスがありますが、発信者番号通知できないケースがあるようで完璧なものではないようです。楽天でんわの通話料は1分あたり21.6円となっているので、おおよそ、1ヶ月の通話時間が1時間を越える方であれば、ぜひとも組み入れたいオプションでありましょう。

最初の1ヶ月は無料

楽天モバイルはSIMの契約をすると、初めの一ヶ月は通信・通話料金が一切かかりません。SIMカードが届くでしょ。その日が入ってる月の料金がただになるんです。SIMカードが届いた日によっては、丸々1ヶ月分がタダになるということもあります。ただ、前の通信会社との契約の都合で、解約手数料などが必要になったりする場合もあるので、月の初めまで待つのが果たしてオトクなのかということもあります。よく計算してみてくださいね。

楽天モバイルの月額プランと解約

楽天モバイルの料金プランを、詳しく見ていきましょう。今お使いの携帯代と比べながら、携帯料金を節約できるかご覧下さい。どれだけ節約できるか、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

月額費用

楽天モバイルの料金プランは、音声通話付きSIMとデータ通信専用SIMの二つの選択肢があります。音声通話SIMは普通の携帯で使われる070/080/090で始まる番号が使えるものなので、これまで通りの携帯電話と同じように使いたい場合は、データ通信専用SIMではなく、通話SIMを選択することになりますので間違えないようにして下さい。通話SIMの料金プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データ通信専用SIMの料金プランは、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円となっています。

ベーシックプランとは、200Kbpsの低速通信が、使い放題のプランです。それ以外のプランでは262.5Mbpsのスピードが出るNTTドコモのLTE高速回線が利用できるプランになっています。購入に必要なイニシャルコストはたったの3,240円。あと費用がかかるしたら、端末が必要な人に対してその端末代金になります。

解約違約金

解約手数料、これは契約前に頭に入れておいてください。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。解約に要する費用は掛からない為、お好きな時に気兼ねなく解約できます。しかし、通話SIMの場合は、12ヶ月間が最低利用期間となっています。万が一、1年以内に解約するとなると、違約金として9800円をいただきますのでご了承ください。大手携帯会社では、縛り期間が自動更新されますので、契約してから13ヶ月過ぎても縛り期間が更新されないので、いつでも解約手数料がかからないのが魅力的です。

【締切間近】限定キャンペーン