BIGLOBE SIMのインターネット速度について

BIGLOBE SIMの回線は、docomoの高速回線(下り最大375Mbps、上り最大50Mbps)を利用した通信サービスです。スピードについては、何不自由ない速度ですね。docomoと同じ回線を格安で使用できることは、BIGLOBE SIMの最大の魅力ですね!この先MOVOや格安スマホの利用しやすい新たなサービスがいろいろと登場してきそうです。

BIGLOBE SIMの3日制限

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、利用者全てが平等に使えるように、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられていました。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、規定された容量をオーバーした利用者に対して、200Kbpsまで通信速度を落としてしまうことによって、全体の通信環境を適切に維持していましたが、この3日制限廃止が話題になったのが記憶にある方も多いかと思います。BIGLOBE SIMの格安スマホでは、映画を観たとしても、72時間制限の恐怖に怯える必要はなくなった事により、使いやすさは格段に向上しました。

BIGLOBEスマホの特徴

BIGLOBE LTEは、BIGLOBEの格安スマホサービスで、docomo回線を利用したMVNOの一つです。キャリアからの乗り換えなら、月々のスマホ代をかなり抑える事ができるお得なサービスです。毎月の利用料金が900円と格安なスマホは高い注目を集めています。またdocomo回線を利用しているため、通話品質、サービスエリアもNTTドコモの利用時と全く変わりません。エンタメフリーといわれるサービスがBIGLOBE SIM特有のサービスとなっています。Apple Music、Spotify、YouTube、AbemaTVといった動画や音楽のストリーミングサービスで通信量をほとんど消費せずに使えるというもの!というわけで、今回は、BIGLOBE SIMのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、圧縮した携帯料金を何に使うか考えるだけでワクワク。

docomoの基地局を使った格安SIM

BIGLOBE LTEを使用するメリットは料金が格安であることに加え、NTT docomoの回線を使用していることがあげられます。それによって、通話品質も当然ドコモと同じですし、つながるエリアのサービスの広さにおいては信用が高いのです。ドコモのスマホであれば、新たに機種を購入することなくBIGLOBE LTEでも使えます。スマートフォンも新しく購入したい方は、端末とSIMをセットで購入できます。既にドコモのスマホをお持ちの場合は、SIMカードのみ契約することでそのままお使いいただけますし、また高い本体代を支払って、スマホを購入しなくても良いというのは嬉しいですね。BIGLOBE LTEは信頼性の高いドコモの回線を比較的安価で利用できる格安スマホサービスと言って良いでしょう。

格安スマホの機種がありすぎて困る

手持ちのスマホがBIGLOBE LTEで使えない場合、お手数ですが、新規でスマホを購入していただくことになります。BIGLOBE LTEで取扱いのあるスマホは、他のMVNOと比較しても、圧倒的な種類の豊富さが特徴です。スマートフォンよりも大きな画面をご希望の方のために、タブレットも豊富な種類を取り揃えています。

容量の翌月繰り越し

各プラン毎に割り当てられる、毎月ごとのデータ容量は異なっておりますが、使用量が少なかった月があると、余ったデータがかなり残ったままということがあると思います。ところがBIGLOBE LTEの場合は、余った分を翌月に繰り越して、その分もプラスして使うことができます。月度内に消化できなかったデータ通信量を翌月に繰り越せるサービスが無いMVNOもあり、ユーザーに喜ばれるサービスをどしどし導入するBIGLOBE LTEの魅力が、いっそう光ります。使いきれずに余った通信量が無駄にならないことは、利用者にとっては嬉しい話です。

通話料が半額で番号通知可能なBIGLOBEでんわ

BIGLOBE LTEでのサービス「BIGLOBEでんわ」は通話料が通常と比べて半額になるサービスです。IP電話と違い相手の番号の前にプレフィックスとよばれる番号(0037-68-)をつけて発信するもので、かけた人の電話番号が、向こうにわかるように表示されます。常に使用する電話番号は当然、相手側に通知されるのです。相手方にしてみれば、いつもどおりの電話と何ら変わらない訳です。IP電話といえば、非通知で表示されたり、050から始まる番号が出たりするため、使っていて不都合が生じがちです。これに対し、BIGLOBEでんわは極めて利便性が高いと言えます。電話カケ放題のオプションも始まりました。

3分かけ放題とは?

NTTドコモ、Softbank、auなどの大手携帯キャリアでは、それぞれが通話し放題プランを提供していますが、MVNOのほとんどが通話時間によって料金が変わってしまう場合がほとんどです。格安スマホは料金の点では魅力的だけれども、友達と通話をよくするから乗り換えるのはちょっと不安という方も安心してください。 このたびBIGLOBE LTEでは月額650円で、3分間までの通話なら何回かけても無料になる「3分かけ放題」をはじめました。詳細としましては、今まで通りの電話回線を使うので、発信者番号通知に対応しているため、BIGLOBEでんわなどと同じように使用でき、いままでの通話となんら変わることのなくご利用いただけるもので、利用者にとってはたいへん魅力的なサービスです。BIGLOBEでんわで通話すると通常1分で21.6円通話料がかかってしまうので、毎月35分ほど電話をかける,という方には最適な通話サービスだと思います。

650円だけで1,200円の無料通話がつく通話パック60

BIGLOBE LTEの通話オプションには、月額650円の「3分かけ放題」、またそれに加えて、「通話パック60」という、オプションの通話プランがあります。具体的には1200円分の無料通話を月額650円で利用できるというものです。どの通話も長く話さない、3分で終わるような人には、これまでどおり3分かけ放題の方がお得になりますが、長電話する事も多いというお客様なら、通話パック60が絶対お得?おすすめです。さらに上手に通話オプションを活用するとよりお得になります。

初月は料金が無料に!

BIGLOBE SIMでは格安スマートフォンやSIMを契約すると、契約した月の初めの一ヶ月は、料金が無料となります。初めの1ヶ月とは、SIMカードが手元に届いた日の月のことです。SIMカードやスマートフォンを受け取る日によっては、まるまる1ヶ月間無料で使用できることになります。月初めに契約をした方が無料になる日が多いのでお得な感じがしますが、現在利用してるスマホの契約との兼ね合いもあるので、実際問題、月初まで待つのがお得とは言えないです。

BIGLOBE LTEの料金と解約について

BIGLOBE LTEの各種プランやその料金についてご案内させて頂きます。今のスマホの月々の料金と比べながら、費用がどれくらい安くなるのかを読んで比べてみてください。では、料金プランを見ていきましょう。

BIGLOBE SIM料金と初期費用

BIGLOBE LTEの料金プランは、SIMは、データ通信専用のものと音声通話付きのものとで分かれています。音声通話SIMは普通の携帯で使われる070/080/090で始まる番号が使えるものなので、SIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、音声通話が出来るSIMにすれば、今までと違和感なく使うことが出来ます。通話SIMの料金プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円です。

データ専用SIMの料金プランは、3GBプラン:900円、6GBプラン:1,450円、12GBプラン:2,700円、20GBプラン:4,500円、30GBプラン:6,750円です。

ベーシックプランは、低速使い放題のプランとなっており、その他のプランは、DocomoのLTEとよばれている262.5Mbpsの高速回線が利用できるプランになっています。初期費用は一律3,240円のみで、あとは、端末代ですね。

BIGLOBE SIMの契約縛りについて

解約制限に関して、まとめましたので、ご紹介します。データSIMであれば、最低でもこれだけ利用しなければならないという期間が設けられていません。例えば初日に解約したとしても、解約手数料は発生しません。音声通話SIMに関しては、12ヶ月の契約縛りがついています。そのため何らかの理由で、一年経っていないのに解約を申込みますと、違約金として8,000円を支払わなければなりません。しかし、大手キャリアの場合は、最初の縛り期間が自動更新されますが、格安スマホの場合は自動更新とはならないという点で、13ヶ月経過すれば、無料解約月まで待つ必要がないのは便利です。

終了間近のキャンペーン